看護師の仕事とメンタルヘルスケア

看護師は心身ともに負担のかかる職業だと言われていますね。実際にストレスや体調の悪化によって仕事を辞めざるを得ない人も多くいます。看護師は高い緊張の中で仕事をしなければならないという環境が多いのですが、その中で職場の環境が良くない、人間関係がうまく行っていないということも多くそれがまた退職をする人の数を高めているという背景もあります。そのために、離職率もほかの職業に比べて高くなっているのです。

看護師の育成には長い時間と費用が掛かりますから、雇用側としても労働者の離職は防ぎたいところです。労働者の離職を防ぐために福利厚生を充実させる病院も増えてきており、看護師のケア体制は近年急速に充実してきています。もともと看護師の数は不足しており、そこにきてまた辞める人も増えるとなればますます看護師不足に拍車がかかってしまいます。

対策としては、心身のストレスを軽減するための取り組みとして、職場全体でメンタルヘルスケアを導入する試みも始められています。メンタルヘルスケアとは、労働における精神的ストレスをケアする取り組みのことで、仕事上で抱える精神的負担だけではなく、人間関係から生じるストレスやキャリア形成や将来への不安などのストレス対策も実施されます。

メンタルヘルスケアにより精神的なストレス対策をすることで、労働者個人のストレスが減り、仕事上のミスも減少します。今後の看護師の労働環境において、メンタルヘルスケアによる看護師のストレス対策はますます重要になっていくことでしょう。

コメントを残す

看護師の仕事についてのあれこれ